二代目店主のそば打ち歴 そば組合手打ちそば教室

志美津やの歴史
二代目店主のそば打ち歴 これが始まりかな
二代目店主のそば打ち歴 そば組合手打ちそば教室
二代目店主のそば打ち歴 四分六そば?
二代目店主のそば打ち歴 翁高橋さんの東京ガスそば教室
二代目店主のそば打ち歴 神のお告げが・・・
二代目店主のそば打ち歴 家製粉手打ち十割そばの店に

そば組合手打ちそば教室

 実際の作業を見た事が無いので、あまり自信はありませんでした。
もう少し姿形を丁寧に気をつけて作れば売れるかなとも思っていました。
こんな時です、そば組合で手打ちそばの教室をすると言う話を聞いたのは。
まだ手打ちそばでやって行こうとは、思ってもいませんでしたので迷っていました。
家族に教室の話をしたところ、行って来なさいとの母の言葉。
 平成六年十月十一日より十一月二十二日までの間に週一日のペースで開催されました。
受講生は、そば屋の子息と主人の計十九名が参加して行われました。
年齢は、下は二十一歳から上は五十二歳までの面々。
講師は、上野藪の鵜飼さん 無識庵越後屋の坂場さん 藪重本店の石井さん のそうそうたるメンバー。
知識としての技術と実際に体験した技術との隙間を、埋めていく事が出来ました。
二回目を終えた翌日には、店のメニュ−に並んでいました。
卵水を使った二八手打ちそばでした。
卵を水に溶いて使うことで、そばにつやが出て、つながりが良くなり、こしもでるのです。
メニュ−は、せいろ・天せいろ・鴨せいろの三つで、せいろが六百五十円でした。私にとってこのそば教室は、流儀合わのような機会だったと思います。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional